設立趣旨
 

書式第5号(法第10条関係)

特定非営利活動法人リブ・フォー・ライフ美奈子基金
NPO LIVE FOR LIFE MINAKO FOUNDATION

設立趣旨書

がんとか難病の治療は、急速な医療進歩によって選択肢が増えた反面、患者や家族にとって、どの病院のどの治療法をえらべばいいのか、まだまだ医療関連情報が不足しています。また、人の命は薬や手術だけで支えられるものではありません。人の命は心と体で支えられています。しかし、日本においては、患者や家族の心を支える社会的システムが未発達です。
さらに、人の心や体に関する痛み、命の価値といったものを学ぶ機会の少ない環境が、人間性の乏しい心を作ってしまっているのではないかという現象も少なからず見受けられます。
NPO LIVE FOR LIFE 美奈子基金の設立は、本田美奈子.の生前の思いから生まれました。
急性骨髄性白血病と告げられた歌手本田美奈子.は、病魔と闘う中で、いろんな人達から励まされ、いままで感じてきた愛よりも、もっと深い愛を感じるようになりました。さらに、「生きるって素晴らしいな」と心の底から思うようになりました。
そして、自分がこの難病を克服して再びステージに立って歌えば、同じ苦しみの中で闘っている人たちにエールを送ることができる、生きる希望や勇気を与えることができる、との思いで病気に立ち向かいました。その思いが彼女の命を輝いたものにしました。
私たちは彼女の遺した、“オモイ”を「LIVE FOR LIFE”(生きるために生きる)」という言葉に込めて、その遺志を受け継ぎ、“カタチ”にする活動を始めました。
LIVE FOR LIFEの活動は、白血病をはじめとした難病患者やその家族の闘病生活における困難や悩みをやわらげ、どんなときにも勇気や希望をもって病気に立ち向かえるよう、音楽をはじめとするエンタテインメントによる精神的サポート、病気や治療に関する情報の提供などを行ないます。
また、治療におけるさまざまな問題点については、社会一般の理解を促進し、社会的支援の必要性を喚起することで、より良質の医療環境の実現に寄与するとともに、命を大切にし、命を支えあう社会の実現を目指して活動します。
人は誰もがその命を輝かせるためにこの世に生まれてきます。白血病をはじめとした難病に苦しむ人びとに、生きる希望や勇気を与え、いまを生きるすべての人びとに命の尊さや前向きに生きることの素晴らしさ、命を支えあうことの大切さを伝えていきます。
このような趣旨にご賛同の幅広い善意の方々のご支援・ご協力のもと、さらに活動を発展させるために、社会的責任を明確にし、組織的に活動できる形として、特定非営利活動法人リブ・フォー・ライフ美奈子基金を設立するものです。

平成19年3月22日
服部克久